f:id:watch331:20170629045423j:plain

LOGAN観てきました。

本当は2週間前ぐらいにみたんですけどちょっとかけないでいたらこんなに時間が経ってしまった……

 

ヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリン作品です。

全体的にダークでシリアスな内容なので前回のガーディアンズオブギャラクシーとは真逆のベクトルの作品です。

近未来(といってもこれから5年、10年ぐらいの設定かな)を舞台にしていますが未来館はほぼなく現代からほんのちょっと未来という世界です。

この映画ウルヴァリンシリーズではダントツにというかアメコミ映画でも屈指の傑作なのですが、みてて辛い。

不死身のローガンが治癒能力が弱まってきて終始ゴホゴホいってるし、あの聡明だったプロフェッサーはボケちゃってるしで、Xメンの終りを描こうとしているところが、あぁ、お気楽ハッピーエンドにはならないなってのがすぐわかっちゃうんですね。

 

作中にシェーンを見るシーンがあるんですがこれがこの作品の重要なテーマであります

「人を一度殺した人間はもう二度と普通には戻れない」みたいなことを象徴的に描いています。

作中では容赦ない暴力描写があります。腕は飛ぶわ首は飛ぶわ、頭にブスってツメを刺したり他のXメン映画では極力描かなかったグロい戦闘です。そこにはパンチで吹っ飛んで気絶だとか竜巻で吹っ飛ばすとか湾曲表現はなく撃たれたり、刺されると血が出る。肉が吹き飛ぶといった当たり前の事実。

暴力描写うんぬんをいいだしたらヒストリーオブバイオレンスという映画のほうがより凄惨で暴力をふるう、ふるわれるということの怖さ、悲しさみたいなのは描いているからそこの点を掘り下げることはしないんですが、重要なのはこれをアメコミ人気映画のXメン(といってもウルヴァリンのスピンオフ映画)でやったということですね。

もともと、ウルヴァリンの能力は驚異的な治癒能力、獣のような身体能力、アダマンチウム製の爪で斬る、刺す。というおよそ無傷で敵を押さえるものではないんですね。

そりゃウルヴァリンを活躍させるのに暴力描写を押さえたんなら活躍具合がイマイチになるはずですよ。

今回はそんな制約をなしにグロ描写をガンガン入れたのでウルヴァリンの活躍がわかるってもんですね。

 

 

それにしてもローガンというキャラはツンデレを絵にかいたようなキャラだと改めて思ったわけですよ。

俺には関係ないね。などとさんざん言っておきながらピンチになったら颯爽と駆けつける。そんな素直じゃないけど優しさを秘めた孤独な男。優しいクセに人を遠ざける。いや、やさしいからこそ自分が愛した人間達がどんどん自分を置いて死んでいくのがみていられない。傷つきやすいがゆえに強がるみたいな。

そんな愛すべきツンデレオヤジが最後の最後でほんの少しでも安らぎが与えられたのかなと思うとしんみりとしちゃいますよ。

そして最後のシーンのあの文字がね。たまんないですよ。

 

彼らはノリで世界を救う!?

 

f:id:watch331:20170602015940j:plain

また奴らが返ってきた!ということでガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス観てきました。

明るく楽しいスペースオペラといった風情のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズ。1も、もちろん大好きです。というより僕的には1のほうが好き。

ただ、パワーアップしてるとこもいっぱいあって、ドラックスがよりおしゃべりになってたし、ロケットはやっぱり有能だしガモーラは乙女なところをちょくちょくだすしスター・ロードは軽いのにやっぱかっこいいし、グルートは今回はひたすらかわいいキャラで前回を思うとあぁ、今回はグルート押しで宣伝されるのはまぁ、分かるわな。と前回ロケット押しの宣伝だったことを思い出しました。

 

それよりなにより今作はヨンドゥですよ。前作でもみんなが大好きになったヨンドゥですが今作でも素晴らしい。あんなに凶悪な顔してるのにこのオヤジは…ww

あとはスターロードの生みの親のカート・ラッセルとか(さすがに年取ったなって思いましたねニューヨーク1997のスネークから考えると)

あと、事前情報をあんまり仕入れてなかったのでえ!この人出るの!?みたいな驚きとか。あのマサルさんみたいな変な輪っかなんだよと笑いましたが。

基本的には明るく楽しくなんですが今回はちょい感動だったり細かいギャグが多くてたるく感じたりもしちゃいましたねオープニングからの流れるようなハイテンポだったから特に。

でも、今劇場でやってる作品のなかではぶっちぎりおススメですよ(他を観てないのにそういうこと言っちゃう)普通にめちゃめちゃおもしろいんで是非ともおすすめです。

あ、でもLOGANも観たいんだよなぁ。

なんかアメコミ映画ばっかり映画館で観てる気がする僕です。

www.youtube.com

 

ソウルに電話しよう

f:id:watch331:20170602011521j:plain

f:id:watch331:20170602011530j:plain

ベター・コール・ソウルseason1,2観ました。

ブレイキングバッドに登場するソウル・グッドマンを主役としたスピンオフ作品。

本編ではまだソウル・グッドマンを名乗る前のジミーことジェームズ・マッギルが主役です。まだ、この時点では積極的に法を破ったり犯罪者と深く関わったりはしていません。(そこまで厳格ではないけど)マネーロンダリングや怪しい仕事の紹介などはしていない人物です。ただうさんくさいしゃべりなどはもうソウル・グッドマンと同じですが。

 

 

スピンオフとはいいつつブレイキングバッドの前日譚としての趣が強いです。主にもう一人の主役(といってもいいでしょう)のマイクがらみのエピソードがそうです。

 

ちょっとした出来事からどんどんもうひき返せないとこまできていってしまう感じが胸が痛くなりますね。その辺は本家ブレイキングバッドかぶるかも。

正直ストーリー的にはジミーの話よりマイクの話のほうが気になる。いや、ジミーはジミーで気になるんですよ。なんだかんだいいヤツだし、兄チャックとの確執がどうなっていくのとか過去になにがあったのかなどはまだ結構ぼやかしてるし。

 

最終回はあの二人が出てくるとこで終わるんでしょうか。それとも、ソウル・グッドマンとして復活して終わるのか。気になるところです。

www.youtube.com

久しぶりの

気づいたらもう二年ぐらい(いや、正確には一年とちょっとか)放置してたと気づいて愕然としてます。

っていうかこんなに放置してても残るのね。

削除申請とかしない限りずっとのこるってことかな。

まぁ、残ってるって気づいたからにはちょくちょく再開しようかなと、思ってます。

誰も読んでないだろうけど

 

ギガントマキア (ジェッツコミックス)

ギガントマキア (ジェッツコミックス)

 

 ギガントマキア読了

 

ベルセルクで有名な三浦建太郎ベルセルクの連載をいったん休止して短期集中連載した一作。

面白かったです。

一言で言うならプロレス最高!でしょうかね。あとロリババァ最高!ってことですかね。

荒廃した未来を思わせる舞台はおそらく一度か科学文明が滅んだあと、再び築かれた文化の様子を見せる。だから、設定としてはSFのようだがキャラ造形や小道具などはベルセルク的なファンタジー的な要素が強い。

 

短期集中連載ってことで息抜きみたいな感じで書いたのかと思えばいつもどうりビッチリ書き込んでいたのでアレ、これ全然休めてないんじゃ・・・と心配になっちゃいました。

 

でも、基本的にやさしい話だね、うん。

もう エンジョイ&エキサイティングをやってたようなころには戻らないのかと思ったりしますね。(いや、正直ドン引きではあったけど)

 

 

 

スターウォーズまであと・・・

スターウォーズ公開日が段々と迫ってきましたね。

TVをつければスターウォーズのCM、雑誌を見ればスターウォーズの記事などとにわかに色めきだっていますが皆さんはどうお過ごしでしょう。

 

僕としては、気づいたらとりあえず次の仕事のつなぎにと入った仕事を気づけばズブズブと一年以上やっております。早い、時間が過ぎるのが本当に早い。歳をとると時間が過ぎるのが早いといいますが本当に年々早くなっていく。こうやって人間って死んでいくんですね。(悲しい)

もう楽しみは映画やアニメ、マンガにすがるしかないよね。

いいおっさんがそういう趣味しかないというのも悲しいですがしょうがない。人間の本質なんてそうそう変わんないもんね。

なので目下の楽しみはスターウォーズと007の新作なのです。どっちもCM見るたびに

テンションあがる。こりゃ、どっちかじゃなくどっちもいくしかないね!


映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』特報第2弾 - YouTube


映画『007 スペクター』最新予告編 - YouTube

 

 

 

ナイトクローラー(Xメンじゃないよ)


映画『ナイトクローラー』予告編 - YouTube

 

ナイトクローラー観てきました。

いやぁー、よかったです。

最高に最低なクソ野郎の映画でしたね。ジェイク・ギレンホールはあんなにイケメンなのにこの映画では終始様子のおかしいキモい人を熱演、いや怪演してました。

 

ろくな仕事につかず、銅線や金網などを盗んで金に換えて生活をしていた主人公ルイスはあるとき、交通事故に出くわす。そこで、事故の様子を撮影する報道スクープ専門の映像パパラッチ、通称ナイトクローラーたちの姿をみる。その様子からなにか感じることがあったルイスは自分もナイトクローラーの仕事をしてみようと思うのだが……

 

といったあらすじでしょうか

正直テーマ自体は真新しいということは特にはないです。

過激な報道に対する批判というのでは僕がすぐ思いつくのはマッドシティでしょうか、あの映画では一応主人公は人格者だったので教訓というか強いメッセージ性を残していましたが。

 

一方、この映画の主人公には良心の呵責というようなものはなにもありません。

過激な映像をTV局にもっていくとそれが大金にかわる、そして、なにより、自分の価値を認めてくれる。この、自分を認めてくれる。という部分が彼にとって重要なのだと感じました。

以下、ちょっとネタバレなので伏字↓

だから、あのおばさんディレクターに関係を迫ったりしたと思うんですよね。いや、普通だったらもっと若いキレイな女優でそういうシーンをとるでしょうけど、おそらく主人公の気味の悪さ、そして最初に自分を認めてくれた人への執着というようなことを描きたかったのだと思います。え、アメリカだとあれがストライク?ウソ!

 

孤独で本当の意味では誰も信用していないし、理解もしていない、しようともしない人間が、かなりの非人道的な行為を繰り返して成り上がっていくある種のサクセスストーリーなのです。

 

推薦コメントに

歪んだ意識高い系君による、ブラック企業立ち上げまでの、 超最低最悪のサクセスストーリー。
絶対、真似してはいけません。

 

真梨幸子さん(ミステリー作家「殺人鬼フジコの衝動」)

 

とあるのですがこれがまさにこの映画を端的に表していると思えます。でも、結構なネタバレだと思うんですがいいのかなこれ(笑)